こども英会話クラス


子ども英会話のマイヤーはマンツーマンでお子さんの英語を大切に育てます。

子供のときにしかできないこともある

子ども達は遊ぶことが仕事ですが、遊ぶ中で覚えていくことが沢山あります。そのひとつが言葉です。言葉は、比較的発達段階の早い時期に形成されていく特質を持っています。日本語の音と英語の音とはかなり違うので、小さいときに英語の音を聞かずに成長すると耳が外国語の音を識別しにくい耳になってしまうことが経験上、理論上いわれています。こどもの英語は単語を覚えるのが目的ではありません。単語の数を「増やす」ことは、大きくなってやればいいことです。本格的に英語を学び始め、大人になったときに英語がしっかり聞き取れるための「耳」を育て上げることが、こどもにしかできない最も大切なことです。マイヤー英会話(福岡県福岡市中央区)では、この考えに立ち、将来のための「こどもにしかできない英語」教育を行います。

children_460
私が英語を習い始めたのは12歳の時でした。当時の中学校の(発音に関してはかならずしも完全な模範とはなりえない)いわゆるジャパンニーズイングリッシュで教授する先生方から習いましたので、英語が使えるようになるまで随分長い期間がかかりました。23歳で英語の手紙を書き始め英会話学校に通って勉強し、24歳で英検1級を取得しました。28歳でオーストラリアに行き現地の人々の中で仕事をしましたが、聞き取りにはいつまでも苦労したものです。
こうして、英語の勉強を続けてもう30年以上になり、やっと人並みに英語で思い通りの意思疎通ができるところまで来ました。ずいぶんと時間がかかってしまいましたが、英語を勉強したことは無駄だとは決して思いません。おかげで、色々な見知らぬ国を訪れる機会に恵まれ、職場の選択も日本国内だけでなく全世界から選択できるという機会を得ました。これは、英語のおかげだと思っています。

しかし、私の英語学習について言えば、非効率であった部分は否めません。英語に触れる機会を子供の時に得ず、英語の音が聞きにくい年齢になってから英語を学び始めてしまったのが第1の非効率で、英語を日本語で教えてもらったというのが第2の非効率だと思っています。私が30年掛かったことのうち、大部分のことは子どもの時にやれば、わずか数年で済んだことなのです。すなわち、「英語は子供のうちに基礎を学ぶこと」、そして「英語は英語で教わること」の2つです。子ども達が、そう願えば世界で活躍できるように準備を与えてあげることが社会の務めであり、私たち大人の責務だと思います。子どもの言葉の能力は無限大です。将来の職業選択、夢の幅を広げておくため、ご両親はお子さんにしっかりとやってあげましょう。マイヤー英会話&留学への参加をお待ちしております。

マイヤー英会話代表:永江俊一

子供のうちから英語を学ぼう!1歳からの幼児英会話

こどもには英会話がなぜ重要なのか

子供達は大人よりも言葉を自然に吸収する能力に優れており、なるべく早い時期から英語に触れさせてあげるのが良いといわれています。言葉は発達段階の早い時期に形成されるため、右脳の発達する幼児期に英語に触れておくことは非常に有効なのです。

こどものうちからネイティブスピーカー正しい発音に慣れさせてあげれば、子どもは英語の正しい発音やリズムを驚くほどスムーズに身につけます。子供はほかのこどもたちと遊ぶ環境があれば、母国語でほかの子供と遊んでしまう性向が強いので、マンツーマン(プライベート)でネイティブの先生とだけ会話ができる環境を一定の時間与えると効果的です。
英語は英語人に習え!(外部サイト)
092photo-23

こども英会話(幼児英会話)クラス

子供の時期に、身近な経験を通して覚えた言語は体に定着します。マイヤー英会話では、将来の英語学習にとって最も重要な「こどもにしかできない英語」教育を行います。マイヤーのこども英会話クラスでは、楽しいゲーム、歌やダンスなどを通して、子どもたちが楽しみながら英語を学べるレッスンをネイティブ講師が提供いたします。会話の中でこども達が自然に英語を使うようになる、そんな楽しいレッスンです。マイヤー英会話では効率性の高さを重視してマンツーマンで教えるプライベートレッスンに力を入れています。

こども英会話(小学生英会話)クラス

2020年は日本の英語教育のビッグバンといわれています。大学入試では従来のセンター試験でのリーディングに偏重したペーパー試験に代わり、4技能を評価するコンピュータベースの試験が導入される計画があり、また小学校では同年から英語を正規の履修科目に入れるプランがあります。

小学校の現場では教師の負担増などを理由として小学校での英語の正規科目化には反対の意見の方が多いという報道もあります。一方、言語特に音声での言語習得に与える学習者への影響は子供の時ほど大きいという現実があります。特に小学校1年性ころからの数年間の時期は言語野の発達が著しく進む時期で、この間の言語環境は個体の将来的な言語能力を大きく決定づける要因となります。

このため小さいお子さんほど正しい発音に囲まれ正統な正しい英語を学ぶことが何よりも大切です。学校で履修する英語を補てんし活用し練習する場としてマイヤー英会話を利用されることをお勧めします。

マイヤー英会話|福岡

こども英会話クラス料金

コース時間定員回数/週月謝
プライベート50分18,000円
プライベートミニ25分10,000円
幼児 (3~6歳児)グループ50分8,000円
小学生グループ50分8,000円

 

taiken_long

スクールロケーション

マイヤー英会話は福岡市内に6教室。お住いの近くに必ず通じゅくに便利で通いやすいマイヤー英会話教室があります。最寄りのマイヤーへ。

福岡市中央区白金2-13-7
福岡市西区姪の浜4丁目22-7
福岡市南区大橋3-4-3
福岡市早良区西新4-8-30
福岡市中央区大名2丁目10-4
福岡市博多区博多駅前3丁目9-5

メール info@eikaiwa.biz